「タイプ分け」とは?

自分のタイプを知ろう

臨床心理学、組織行動学などをベースに、人のコミュニケーションスタイル、パターンを4タイプに分類し、現在のあなたがどのタイプに当てはまるかをチェックするテストです。

あなたは自分自身についてどの程度知っていますか?

効果的にコミュニケーションを交わすためには、相手を理解し、相手が受け止めやすい形で伝えたいことを伝えていくことが求められます。

しかし多くの場合、私たちの考え方や行動パターンは固定化しています。
「なぜわかってくれないの?」
「なぜ、あの人はああなんだろう?」
「どうしてもうまく伝わらない・・・」

このような現象は、パターン化した関わりが原因で起こります。

しかし、対人関係のあり方は、人それぞれ違います。そのひとつの指標として、「タイプ分け」が開発されました。

「タイプ分け」は、人をもっとも特徴づけるのコミュニケーションの取り方である、という前提に立ち、コミュニケーションスタイルによって4つのタイプに分類した点が
大きな特徴です。

自分のタイプがわかると、自分の行動パターンや考え方についてより深く理解できるようになります。

また、相手のタイプを知ることで、コミュニケーションの幅は大きく広がります。

「タイプ分け」をきっかけに、自分とは違う価値観、感じ方、行動の仕方があること、それまで見えていなかった周りの人の能力を知り、それまで合わないと思っていた人と、共に新しいものを創造していくことができるかもしれません。

あなたも「タイプ分け」診断で、新しいコミュニケーションのインターフェースを見つけてみませんか?

4つのタイプの特徴

コントローラー
  • □ 行動的、野心的、エネルギッシュ
  • □ 自分の思い通りに物事を行うのを好む
  • □ 決断力あり
  • □ ペースが速い
  • □ 人を寄せ付けない印象を与える
  • □ やさしい感情を表すことは苦手で他者から怖がられる
アナライザー
  • □ 行動は慎重
  • □ 物事に取り組むとき、データを集め分析する
  • □ 計画を立てるのが好き
  • □ 客観的、冷静
  • □ 対人関係では頑固、まじめといわれる
  • □ 他人を批判することは好まない
プロモーター
  • □ アイデアが豊富で想像力もある
  • □ 人と活気のあることをするのが好き
  • □ 細かいことはあまり気に留めない
  • □ 飽きっぽい
  • □ 社交的でオープン
  • □ よく話して、あまり聞かない
サポーター
  • □ 人を援助することを好む
  • □ 職場では協調性が高く、意欲もある
  • □ 決断には時間がかかる
  • □ 感情に基づいて判断する
  • □ 他者の気持ちに敏感
  • □ ノーと言えない

タイプ分けテストのラインナップ

タイプ分け

有料 1,000ポイント
「タイプ分け」は、あなた自身のコミュニケーションタイプが診断できるテストです。これまで蓄積されたタイプ分け診断のデータを元に、偏差値を算出し、その偏差値を使って結果を出します。あなたのタイプについて、単なる点数の高低ではなく、全体の中で比較した場合にどのタイプに近いのかが分かります。

タイプ分け360度

有料 4,000ポイント
「タイプ分け360度」はあなた自身の診断だけでなく、複数の人にあなたについてのテストに回答してもらい、その結果から自分を客観的に捉えることができます。また結果のレポートでは、自分の周囲との認識の違いを、視覚的に把握することができます。なお、タイプ分け360度では、偏差値による結果の算出を行っておりません。

周りの人のタイプ分け
有料 200ポイント
「周りの人のタイプ分け」は相手がコミュニケーションを交わしているときの特徴を観察し、相手がどのタイプか判断することのできるテストです。

「タイプ分け」テストの実施方法

1.会員登録・ログイン

「タイプ分け」「タイプ分け360度」「周りの人のタイプ分け」はいずれも会員専用の有料テストです。
ご実施いただくためには、あらかじめ会員登録し、ご登録いただいたメールアドレス・パスワードでTest.jpにログインしてからご実施ください。

2.タイプ分けの実施

「タイプ分け」はこちらのページよりご実施ください(会員ログインが必要です)。

3.結果画面を見る

「タイプ分け」「タイプ分け360度」「周りの人のタイプ分け」はいずれも会員専用の有料テストとなっております。

ポイントを事前にご購入いただいている場合は、回答確認画面にて「現在持っているポイントを使用して回答する」ボタンをクリックしてください。保有されているポイントから必要ポイントが引き落とされて結果が表示されます。

ポイントを事前に購入されていない場合は、回答確認画面にて「ポイントを使用せず回答する(テストを購入する)」ボタンをクリックしてください。ポイント購入ページに移動します。画面遷移に従い必要ポイントをご購入されますと、結果をご覧いただけます。

組織導入事例

深田英孝氏(株式会社日本CRM研究所 代表取締役)

部下との面談などはもちろん、組織やプロジェクトのチーム編成においてもタイプ分けを意識的に取り入れています。2年前からは、タイプの特徴を最大限に活用した2チーム体制をスタートさせました。

プロモーター、コントローラーを中心に編成した新規開拓部隊である「アカウントチーム」と、アナライザー、サポーターを中心に編成したアカウントチームのサポートや、KPI(重要業績評価指標)を測る「コーディネートチーム」。

最初は試行錯誤を繰り返したものの、それぞれがタイプの特長を活かしはじめた半年後には、売上対前年比178%を達成しました。

今後もタイプ分けやコーチングを活用して、さらなる成果を生み出していきたいと考えています。